2014年1月26日(日)バトルシアター2014(第84幕)

2014年1月26(日)17:00~ WRESTLE GATE ☆バトルシアター2014
WGホール大会【第84幕】  『平成忍法×ルチャリブレ 第2弾』

▼1st BATTLE シングルマッチ 【30分一本勝負】

ベッチャーHOGO vs レイパロマ(ダブプロレス)

○レイパロマ[13:04 ラマヒストラル]×HOGO

2014年WGホール大会はレイパロマとベッチャーHOGOのシングルマッチで幕を開けました。パロマワールドが全開し最後はレイパロマが一瞬の切り返し技でHOGOをフォールしました。会場の子供達にパロマが一言。「こんな大人になるなよ!」

ジグラン効果からか館内は子供たちで一杯で超満員となりました。しかしベッチャーHOGOがスタジアムジャンパーを着て入場してくると満員の館内が一瞬で凍りつきました。一体どういう意味があったのでしょうか? 今もって謎です。今年も色んな意味でHOGOから目が離せないようです。

▼Final BATTLE 「タッグマッチ」  【60分一本勝負】

HANZO、ビクトリー上海 vs ツバサ・田中祐樹

○田中[16:10 片エビ固め]×ビクトリー上海  ※ダイビングボディプレスから

「平成忍法×ルチャリブレ 第2弾」はWGホールに”ストーム・オブ・アカプルコ”ツバサが初登場を果たしました。確かなテクニックと華麗な技の連続に館内が沸き返りました。

初対決となったツバサとHANZOのハイスピードの攻防に館内がどよめきました。ツバサは高速ホイップ、コルバタ、ムーンサルト、ジャベを華麗に決めルチャリブレの凄さを見せつけHANZOは天空腦天斬り→新型マヒストラル→逆エビ固め、ウラカンラナ→三角締めと新殺法を披露し平成忍法の進化を示しました。今回も平成忍法とルチャリブレが見事に絡み合う素晴らしい内容となりました。

ビクトリー上海は田中祐樹と激しい意地の張り合いを展開しました。最後は田中祐樹がツバサのアシストを受け上海からフォールを奪いました。田中はHANZOの持つ博多ライトヘビー級王座への挑戦を表明。あとのない上海の巻き返しに注目です。

・h


試合後にはサプライズゲストとしてW-1で活躍中の吉岡世起が来場し来月開催されるのW-1福山大会の大会PRを行いました。その後、「W-1カレンダー争奪」ジャンケン大会が行われ館内がかつてない温かい雰囲気に包まれました。 未来を感じさせる素晴らしい展開で2014年WGホール大会の幕が開けました。

2014.1.26レッスルゲート ホール

This entry was posted in 試合結果. Bookmark the permalink.